VISION

「想いを馳せることで、心温まる社会へ」

 

私たちが作りたい社会は、人や場所、未来や過去など全てに想いを馳せることのできる心温まる社会です。

きっかけ食堂は、東日本大震災を忘れてほしくない、京都とという遠い場所からでも思い続けるきっかけを作りたいと立ち上がりました。

毎月続ける中、そこには東北に想いを馳せる多くの人が集まりました。

「震災のことを忘れたくない。」「観光でできることを続けたい。」「東北の食が美味しい。」

「東北に行ってみたい。」「あの時何もできなかったから、今からでも動きたい。」

「東北を通じて、社会に貢献しながら自分のやりたいことを目指したい。」

そんな思いを馳せることで生まれる行動が、心温まる社会を導き、

関わる全ての人を笑顔にできると信じています。

 

 

MISSION

「日本一、東北に楽しく関わる”きっかけ”になる」

 

きっかけ食堂は、東北や震災のことを忘れてほしくないと思い、立ち上がりました。

活動を続ける中で、東北や震災を忘れないことを大事にしながらも、私たち自身が楽しいから

東北に関わっていることに気が付きました。

そして、それが今もなお、関わり続ける原動力になっています。

東北が好き、東北を伝えたい、東北は楽しい、そう一人でも多くの人に感じてほしい。

だからこそ、私たちは、日本一、東北に楽しく関わる”きっかけ”になります。

 

 

 

VALUE

「東北の魅力と多様な関わりを提案するコーディネーター」

 

東北と楽しく関わってもらうには、関わり方が多様であったほうが良いと思います。

「東北支援をしたい」「今からでも東北のために、できることをしたい」「東北を観光をしたい」

「東北の食を仕入れたい」「東北の日本酒を飲みたい」「東北のご飯を食べたい」「移住・定住を検討したい」

「東北の好きな地域を東京からPRしたい」「東北の素材を使った服を作りたい」など、様々な関わり方があります。

私たちは、多様な東北との関わりを歓迎し、用意し、提案できるコーディネーターを目指します。

 

3つの「まずは、・・・」

 

・まずは、やってみよう。

やりたいことはやってみる、そんな自由と挑戦ができる組織にします。

それが新しい価値や動く楽しみに繋がっていきます。

 

・まずは、自分が楽しもう。

人に楽しんでもらうためには、自分が楽しんでいる必要があります。

自分が楽しむために、どう楽しくできるかを考えます。

 

・まずは、感謝しよう。

きっかけ食堂はあらゆる人のサポートや応援があって成り立っています。

そのことを忘れずに、常に感謝の気持ちをもって活動します。